吉田正記念オーケストラ公式ウェブサイトへ、ようこそ。

吉田正記念オーケストラ プロフィール

吉田正記念オーケストラ

国民栄誉賞受賞作曲家、故吉田正の楽曲を海外の作品と演奏団体に占有されてきたイージーリスニングによるBGM音楽のマーケットに吉田メロディーを題材とした第三の音楽を日本唯一のムードオーケストラにおいて新しい軽音楽の文化を継承する為、故吉田喜代子夫人が2001年、「吉田正記念オーケストラ」(YKO)を主宰、代表に就任する。

設立理念には、吉田メロディーを別の角度から光をあて作品の真価を再現するべく、純クラシックでもなく、軽音楽でもない第3の音楽「吉田正交響組曲」を確立。日本唯一のプロのムードオーケストラとして国内外で活躍する優秀な演奏家によって構成されている。

そして、半永久的に「吉田メロディ・日本文化の継承」とともに「オーケストラの大衆化」を掲げ、クラシックファンではない大衆へのアプローチを充実することで芸術文化振興と日常生活との密着をめざし、常時企画化を図っているのはYKOが初めてといえる。

その一つにゲストを入れず指揮者が全司会進行を両立する本格的な「トーク&コンサート」を生のコンサートにおいて実施したのはYKOが初といえ、従来、イベント的にお喋りするコンサートはあっても、指揮者のトークにおいてすべてを担うのは初めての事例である。そのトーク内容はウィットに富んでいることから、中高年者が足を運びたくなるオーケストラコンサートとして話題を呼んでいる。

そして、プログラミングの幅の広さは「音楽の総合デパート」のパイオニアといわれ、全国各地のコンサートに適用。従来のオーケストラコンサートでは足を運ばない客層を獲得してきた実績は大きな功績をもち、その斬新なアイデアと先見性が注目され、同業界でもここ数年、同種の企画を行う団体が増えている傾向から当初は異色の楽団と呼ばれたYKOの影響力は今では大きい存在となっている。

また、オリジナリティーをもつ企画として欠かせないのが吉田作品「吉田正交響組曲」のシリーズであり、現在7番までビクターエンターテインメントより発売され、最新作の第7番はNHK BSで放送された。さらに2004年、シンフォニー化に続き、吉田メロディーの「タンゴ」に注目し、タンゴとオーケストラストリングスの作品を構築。国内では唯一の最大編成によるタンゴオーケストラとしてコンサートを展開している。

これらの作品は独創的な企画意図をもって制作しており、その功績として音楽文化に大きな貢献をした作品に贈られる「日本レコード大賞企画賞」を3度受賞。

2005年にはシンガポール大学100周年記念に絡み、現地主催のコンサートをビクトリアホールで行う。

2011年1月には台湾のプロモーターにより現地主催公演を行い、日本から台湾旅行鑑賞ツアーに参加する一般人の来場を含め、国交を超えた交流を深めることに大きな成功を収める。

YKOは「文化の共存共栄」の更なる発展のために国内外を問わず、社会貢献をめざす中で文化の重要性を唱える一方、未来への文化継承に力を注いでいる

Page Top

トップページ

最新情報

プロフィール

吉田 正

コンサートの歴史

お客様の声

オリジナルCD

後援会の入会について

企画お問い合わせ

交通アクセス

YKO公式 facebookページ