吉田正記念オーケストラ公式ウェブサイトへ、ようこそ。

マエストロ・音楽監督

音楽監督・指揮者・編曲者 大沢可直 (おおさわ よしなお)

大沢可直 (おおさわ よしなお)

1950年東京浅草生まれ。

桐朋学園・斉藤秀雄指揮教室にて高階正光氏に師事。

1974年渡豪。オーストラリアマイヤー財団に「現代最も期待される若手音楽家」に選定され、その支援のもと、フランクストン響、ビクトリア州立響、メルボルン音楽院などの常任指揮者、首席客演指揮者などに就任。シドニーオペラハウスにも出演。

その後渡欧し、指揮者カラヤンとコンビを組み、フィルハーモニア管弦楽団でEMIに多くの録音を残した、世界的名プロデューサー故、ワルターレッグ氏に資質を評価され、カラヤンの音楽観を学ぶ環境を提供され研鑽を積む。

大沢可直 (おおさわ よしなお)

1975年4月蒋介石総統の追悼公演で指揮。台湾、韓国、フィリピンなどアジア諸国の指揮を歴任。

1979年にはシンガポール政府の要請により日本国際交流基金から人物交流事業として、シンガポールフィルハーモニー交響楽団の設立に貢献し、初代音楽監督として就任。

1984年 中央大学経済学部入学。 異色の経歴の持ち主としてメディアに取り上げられる。

1980年後半、日産ドリームコンサートの常任指揮者として新日フィル、東京フィル、大阪フィルほか、国内著名オーケストラを数多く指揮。

1989年トルコ-日本修好100周年記念事業の指揮者としてアンカラ芸術祭に日本国外務省の派遣で出演後、トルコ四大都市の国立交響楽団をまんべんなく指揮をする。

1995年 トルコ国立イズミール響の名誉首席指揮者に就任後、東ヨーロッパの伝統を持つこのオーケストラを、地中海沿岸随言われるほどの実力に育て上げた。

1998年にはトルコ国立チクロヴァ交響楽団来日公演を果たし「チャイコフスキー交響曲第五番」のレコーディングを行う。

2000年イズミール響の来日全国ツアー公演のプロジェクトにより、作曲家、故吉田正の作品をモチーフにクラシック化した「吉田正交響組曲」を創り、大衆を意識した公演プログラムの結果、クラシックとは異なるファン層を獲得。

 

2001年 、吉田正の作品をクラシックでもなく、軽音楽でもない、「第三の音楽」として、次世代に継承すべく、「吉田正記念オーケストラ」を設立した。

時事問題、歴史、風俗文化などを巧みに織り込んだトークだけではなく、歌う指揮者としても独立独歩の地位を獲得している。

現在も海外での指揮活動を継続しつつ、吉田正記念オーケストラ音楽監督として「オーケストラによる大衆文化との共存共栄」を命題として、社会貢献に邁進している。

「吉田正交響組曲」は1~7番まで「吉田正タンゴアルバム」も同じく7枚、ビクターエンタテインメント(JVC)よりCD発売中。

 

Page Top

トップページ

最新情報

プロフィール

吉田 正

コンサートの歴史

お客様の声

オリジナルCD

後援会の入会について

企画お問い合わせ

交通アクセス

YKO公式 facebookページ